メンズ脱毛

かつて、ひげや体毛は男らしさのシンボルだとされていました。実際、胸毛や腕の毛に惹かれる女性も少なくありませんでした。
時代は移り、今は濃いひげや体毛の男性は、女性から「キモい」と言われるほどで、スベ肌の男性が好まれる傾向にあります。実際に、それまでふられてばかりだった男性が、メンズ脱毛でヒゲと腕、脚の脱毛をしたところ恋人ができたとか…。真偽のほどは分かりませんが、今はスベ肌男がモテるご時世だと言えるでしょう。

もしあなたが、自分の毛は濃いと思っているのなら、メンズ脱毛を試してみませんか。メンズ脱毛にはレーザー脱毛、光脱毛、ニードル脱毛があります。レーザー脱毛と光脱毛は、黒い色に光を集めて熱の力で毛を処理する脱毛方法で、多くのクリニックやエステサロンで行われており、体をパーツごとに区切り、1パーツごとに料金が発生するものです。

一方、ニードル脱毛は極細の針を毛穴に挿入して、その先に電気を流して毛を処理する方法です。針脱毛、電気脱毛とも言われ、昔からある脱毛方法で、再度生えてくる可能性が低い永久的脱毛となっています。レーザーや光脱毛が部位ごとの料金であるのに対し、ニードル脱毛は1本または1分いくらかの料金になります。

ところで、脱毛を行う上で多くの人が心配するのが痛みです。脱毛は何度か行わなければ終わりません。痛みに耐えられなくて、途中で辞めてしまう人もいます。そこで、痛みが苦手という人には、ほとんど痛みを感じない光脱毛をおすすめします。

飲み屋のツケを踏み倒した代償

知り合いにマンション販売会社の課長がいるんだけど、この男が実にケチで、会社主催の飲み会や取引先からの接待には喜んで顔を出すのに、自分の課の飲み会はできるだけ欠席し、どうしても出席しなければならない場合では完全に割り勘。
そして、1次会が終わると一人でさっさと帰ってしまうのだ。
続きを読む 飲み屋のツケを踏み倒した代償

浮気と不倫

不倫と浮気は同じように会話の中では使われますが、厳密に言えば違いがあります。
不倫は、双方か片方に配偶者がいるにもかかわらず肉体関係を持ってしまった男女のことをいいます。パートナーの不倫に気づいたら、パートナーはもちろん不倫相手にも慰謝料の支払いを申し立てることができます。
続きを読む 浮気と不倫

婚約をしたけれど

友人が自営の男性と婚約をしました。彼女は26歳です。ところがマリッジブルーなのか何なのか、彼女は他に気になる男性ができたそうです。実は、彼女はOLさんですが、婚約者の事業がうまく行かなくて、その借金の返済を助けるために、彼女はあるスナックで週に3日ほどアルバイトをしています。
続きを読む 婚約をしたけれど

浮気性の旦那

結婚して25年。成人した子供がいる主婦です。
今年の初め、実家へ里帰りした旦那が中学時代の同窓会に出席。その後、同級生だった女性が上京することがあり、東京で少人数で再度同窓会をしました。
そのときに盛り上がったのか、数日後には、二人だけでデートしていました。私がその事実を知ったのは、何気に見た旦那のLINEでした。
続きを読む 浮気性の旦那

夫が結婚指輪を外している

友人の旦那さんが、ある日から結婚指輪を外していたそうです。
「なんで結婚指輪を外しているの?」と聞いたところ、「浮腫みたいで、指に違和感があったからだよ」と答えたそうです。

その場は、そういう理由だったんだ!と思ったそうですが、あらためて考えるとここ数週間の旦那さんの様子に怪しいところがあったそうです。

それが、食事中、トイレ、お風呂と片時もスマホを離さず、、メールが入る度に目を通しては削除している様子。
もしかして、浮気をしているのかな?と思ったそうですが、帰宅時間はこれまでどおりだし、出張もなし。土日も家に居て、ほとんど外出しないそうです。

そんな状況で相談を受けたのですが、気になったのがメールが着信する度に削除していることです。想像するに、旦那さんは浮気予備軍に入っているのでは…と思います。

浮気相手と食事やホテルに行ってないけど、気になる女性がいて今はまだメール交換の段階というところでしょ
うか…。もしも、旦那さんにお金と時間の余裕が生まれたら、いっきに浮気・不倫になってもおかしくないと思います。

「今のうちに、浮気の芽を摘んでおいた方が良いよ!」とアドバイスしてあげました。

文京区での浮気調査ならこちらの探偵社が安心です!

浮気調査は専門家へ

先週、夫の不倫が発覚したんですが、やりもやったりで、初犯じゃなかったんです。独身時代からいままで、学校の後輩や同僚に、クラブの人や主婦まで、本当に見境がないんです。根掘り葉掘り問いただす気はありませんが、浮気性って言うじゃないですか。それにしてもどうして直らないんでしょう。一時的に反省しても、人生の時間を彼に費やす気力というのがなくなってしまって、離婚も視野に入れて話しあうつもりです。
続きを読む 浮気調査は専門家へ