奥さんが男と逃げた

Aさん夫婦には麻衣ちゃんという小学1年生の女の子がいて、親子3人で仲良く暮らしていました。
日曜日にはテーマパークへ行ったり、買い物や回転寿司を食べに行ったりして、いつも笑顔の絶えない家族でした。

ところがある日、Aさんが仕事から帰ってみると、自宅には麻衣ちゃんがひとりでTVを観ていました。「あれ、お母さんはどうしたの?」と聞くと、麻衣ちゃんは白い封筒をAさんに差し出しました。

中を開くと、そこには「好きな人ができたので家を出ます。麻衣をよろしくお願いします」と書かれた手紙と奥さんが署名・捺印をした離婚届がありました。

要するに、Aさんの奥さんはどこかの男と不倫をして、Aさんと麻衣ちゃんを捨てて逃げたわけです。

Aさんは必死になって奥さんを探しましたが、手がかりはありません。奥さんの実家にも連絡をしましたが、逆に「あんたがDVでもしたんじゃないのか!」とののしられる始末。共通の友人や知人にも声をかけましたが、結局奥さんを探し出すことができず、Aさんは仕方なく離婚届に判を押し、シングルファザーの道を選びました。

仕事はもちろん、家事や育児で自分の時間がほとんどないAさん。
「とにかく麻衣がかわいそうで仕方ない。夜中に、突然泣き出すことがあるんですよ」と肩を落としながら話してくれました。

離婚のいちばんの被害者は子どもだと聞きますが、Aさんと麻衣ちゃんを見ていて本当にそのとおりだと思いました。

養育費払わない